新着情報

2018/02/16

2月24日(土曜日)

『アジアシンクロニシティーによる、波乱の株式市場の見方と乗り切り方』(株式会社ゴゴジャン様)

開始 午後1時30分~

会場 ゴゴジャン特設セミナールーム(文京区)

   東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F

​費用 3000円

リンク先よりお申し込みください

http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=13455

2月25日(日曜日)

『経済・投資・AIセミナー』

会場 ちよだプラットフォームスクウェア

   東京都千代田区神田錦町3‐21 

http://w...

2018/02/06

1.米国市場

昨日の米株市場はダウ平均が一時1500ドル以上さげるなど、史上最大の下げ幅となりました。

市場では、景気回復による長期金利の上昇懸念(金利が上がると景気が悪くなり株は下がる)、との見方がなされています。

陽の極み、陰の極みでは経済情勢は後解釈となります。上がるから買う、下がるから売る、の心理的要因が強まり、価格変動を自己正当化しようとします。初動は経済情勢の見込みの変化、というよりも“利食い”です。

往々に、時間の経過とともに株価が下がるとそれを理由に景気が悪くなる、と因果関係が逆転します...

Please reload

ソーシャル
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon