新着情報

国際情勢と北方領土問題

足下で国際情勢は大きく動いており、内外で転機を迎えています。 18日のAPEC首脳会談では初めて首脳宣言の採択が断念されました。 米国が対中政策を硬化させたことにより、世界経済は下振れのリスクシナリオが実現したと見ます。国際金融市場は荒れ模様が続きそうです。経済に道義はあっても道徳はありません。 公開情報からは以下のことが類推されます。 米国では、経済がこれまで金融資本の手に帰していました。政治・経済においてウォール街へ決定的に挑戦する機運はなかったものの、新しい勢力がこれを一蹴しつつあります。 覇権国としての経済において、餓死か壮烈な死かという深刻な対立とその選択を迫られ、この勢力は分断された米国の内政を調整していく上で決定的な役割を果たしそうです。その認識がされる時が来たようです。 中国経済は、10月の小売統計が悪化しました。持ちこたえていた消費が崩れ始めた兆しであるのか、次月が注目されます。政府はインフラ投資により景気のテコ入れを目指しているものの、数か月の先行性が見られる社会融資総量の伸びは鈍化が続き反転の兆し見られません。 輸出に先立つPMI新規輸出受注は46.9にまで落ち込みました。想定以上の下振れは、米中貿易戦争の深刻化によるセンチメントの悪化などが要因です。リーマンショック後の最低水準である43.1へ時間をかけ向かうのか、こちらも注目されます。 中国政府による経済運営は、長年に渡る拡張型の金融財政政策により下支えの余地が低下していると見られ、米中対立の激化を受け苦しい状況が続きそうです。 日露間では平和条約の締結と北方領土問題が重要な局面を迎えています。 今に限

ソーシャル
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon