新着情報

貿易戦争と米朝首脳会談、森友問題

1.貿易戦争と米朝首脳会談 古く、運命と偶然の違いは、経験して得られたものは運命であり偶 然はその濃さの違い、といいます。 キリストの死により得られたのは神の恩寵であり、感動した生命の 経験は運命的となります。 ゲーテによると、 ”無限の中に同じものが幾度か繰り返され永久に流れるとき (中略)、 あらゆるものから生きる喜びが流れ出る。 ‐ さて、すべての押し合い、すべての争いは主である神の中なる永遠 の休み” - 西欧世界を理解するのは私には難しいです。 言えるのは、キリスト教的予定説において救済される者はすでに決 まっています。 今般、米政権により貿易戦争と米朝首脳会談の予定が発表され ました。 悲惨であれ喜びであれ経験の濃さにより運命へ変化し、救済は予定 されます。 プロテスタント的には”天命を禁欲的に行うもの”です。 神にとり休みにすぎない争いは、時間と空間が鍵となります。ス ピードと展開であり、また持久戦をする自由もあります。 偶然から運命の局面に入るならば、人によりながらも個人の感情 は影響を受けやすいです。 姿勢を正しく改めたく思います。 2.森友問題 決裁文書の問題について事情は異なり一緒にはできません が参考事例とし、1936年に226事件が発生した際、文書の書き 換えがあったようでございます。 真崎大将が反乱した青年将校らに宛てた大臣告知のうち、 諸君の”真意”は了とする、の青年将校らに好意的な部分は 実際は”行動”だったとあります。 当時の戒厳司令部参謀長(遠縁)の手記によりま

ソーシャル
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon