国際金融市場~当面波乱はなさそう

はじめて遭遇するもの意外なものに対し、たいがいは奇異なもの、とやり過ごされます。現状の延長線上でとらえられた後、規模・問題が大きくなり始めて、新しいこと、と認識されるのではないかと思います。 ‐ 過去30年、1987年のブラックマンデー、1998年のアジア通貨危機、2008年のリーマンショックと、約10年周期で金融危機が発生しました。金融市場の欠陥、金融機関の暴走、政府による政策ミス、などが原因です。 ‐ リーマンショックから10年後となる今年8月は、トルコショックが発生しました。 ‐ トルコ大統領による、金融引き締めが必要な局面での経済成長を優先する姿勢や、中央銀行の独立性に対する信認の欠如、などが原因です。 ‐ 新興国全体の経済のファンダメンタルズ、足腰はそれほど悪くない、トルコショックは特殊でその影響は限定的、世界危機には至らない、との見方が大勢です。 ‐ リーマンショック発生の1年前、2007年8月には仏系のパリバショックが発生しました。サブプライム問題の存在が明らかになったものの、事態の深刻さは認識されませんでした。 ‐ 危機は見えないところから時間差でやってきます。グローバルなサプライチェーンを麻痺させる政策は世界全体から見て間違いと考えるならば、米中貿易戦争の死角はなんでしょう。 ‐ もしあるとすれば、私は中国の住宅市場ではないかと思います。 ただ今後2~3年以内に限れば異変は起こらないだろう、とも思います。 ‐ 住宅市場のネガティブ要因は、 ① 足元の中国株は貿易戦争を嫌気し下落基調が続いており、景気の減速を暗示している ‐ ② 経常収支の黒字縮小、