明日から通常国会~改憲について考える

春になると蝶が飛び、花粉は舞って受粉する。摂理であり、正しいかどうかは関係ない。改憲は民族と国家を信じるかどうかの問題だ。 種と民族の違いは統計的肉体的なものと、文化、言語、芸術、宗教の違いである。同等に思うこともでき、そう思わないこともできる。民族の存続は文化、言語、芸術、宗教の存続であり、国家とは一つの民族の形式である。 近世まで、国民・国家を代表していたのは武士であり貴族であった。歴史から離れ「永遠」にいた農民は民族であった。現代は民主主義となり民族と国家は重なり合う。 大日本帝国憲法は大政奉還を、日本国憲法は太平洋戦争を経て生まれた。憲法は貨幣をはるかに超え、一つの高度体制の終わりを告げる。 同時に政府がカエサル主義となれば、憲法は形式に関係なく無形式となる。憲法の精神が死んでしまえば(時代に合わなければ)意味も重みもない。そうすると個人的な権力に帰っていく。 1907年のハーグ平和条約は、第一次世界大戦の序章となった。科学技術の進歩に条約がついていけず、攻めるか攻め取られるかの時代において、正義と理念は資源、領土、経済利得に勝ることはできなかった。 9条、現代において平和主義が平和を呼び寄せ、生活、領土を守れるか否かが問題だ。平和主義(戦力の不保持、交戦権の放棄)により守れるなら存続させ、できないのなら終わりを告げなければならない。外国政府は平和主義を見て攻めるのか、自重するのか、攻められてから変えるのか、その前に変えるのか、歴史の答えはいつも冷酷だ。さもなければ永世中立国のスイスであり強い軍隊と経済をもつ。 世界は再び米、中、露の競争に向かう最中だ。戦争は、相手国に

デジャブ

未知の世界の中にあり、不思議で興味深いものの一つに超心理があります。 1.経験 私が実感したのはデジャブ(予知夢)を見たときです。私の場合、数年~10年に一度くらいで見ます。その時、いくつかの条件が重なっていたことに気づきます。何かに没頭(集中)している、何かを強く求めている、かなり疲れている、ぐっすり眠った夜、です。デジャブではありませんが子供のかゆがっていたところと同じ部分がむしょうにかゆい、と思ったら子供の調子が悪かった、ということもあります。 デジャブは単なる脳の疲れにすぎず、たまたま同じような場面を予知夢と思う錯覚にすぎない、との説もあったかと思います。私は科学者でも宗教学者でもないのですが、それでも予知夢はあると思います。細かい部分が一致し、それは確率何万分の一なのか分かりませんがあまりにも低そうで、体感的に偶然とは思えないからです。 2.虫の知らせ 超心理状態は誰でもなりうると思います。“虫のしらせ”は古来から日本でも有名です。 渡り鳥は一糸乱れず数千キロを正確に飛び、蟻は複数集まるとパワーが何倍にもなり重いものを運ぶことができることはよく知られています。言葉はもたず、本能といわれるものの中に、テレパシー的なものが含まれているのではないかと思います。 人類はこうした能力を獲得していないのではなく、進化の過程で獲得済みのものを封印してしまった、と考える方がしっくりきます。 言葉を使いあれこれ連想する人間が、しょっちゅう予知夢やテレパシーを感じたとすれば何が何だか分からなくなって精神不安になり落ちついて暮らせなくなるはずです。意思疎通の手段としての言葉と引き換えに、超