中国の全人代が閉幕

15日、中国の全人代(国会に相当)が閉幕しました。 - 全体としては無難な内容と言えそうです。 - 17年の成長率目標は前年比+6.5%に設定されま した。16年の同+6.5-7.0%から引き下げられたも のの、依然として世界の中では高水準です。 - 足元の中国経済は、自動車減税の縮小などにより 消費の伸びが鈍化する一方、投資や生産はインフ ラ投資の拡大などにより好調です。 - 金融面では、国内に出回るお金の増加スピードを 若干に抑制する目標としました。 - 住宅・資産市場の過熱をコントロールする効果が見 込まれます。輸入を押し下げる一方、人民元や経済 の安定性を増す効果が見込まれます。 - 内外の金融市場に与える影響は、全体的には中立 に近いイメージです。